使いこなして分かる!エクセルの優れた機能

エクセルでどんなことが出来る?

エクセルとは、表計算、グラフ作成、データ処理などの表計算ソフトの事をいいます。また、マクロ機能で作業の能率化も出来、ビジネスで最も有効に活用されているソフトと言えます。また、エクセルを使えると就職にも優位になるとも言える程、今では、なくてはならないソフトと言えますね。一般的に見積り・請求書から名簿・住所録などの表などの様々なデータ管理や分析、データに基づくグラフ作成など、幅広く活用できる優れものなのです。

エクセルのレベルとは

求人広告などで、募集条件にエクセルが使える方と書かれているのを良く目にする事はありませんか。多分、この場合は、基本的なエクセル機能を使えれば良いと思うのですが、実は、エクセルの使えるには、幅が広いものがあるのです。初級、中級、上級の3つに分ければ、請求書などや表作成、グラフ作成などの基本的な機能が使えれば初級、データ分析とある程度の関数が使いこなせれば中級、更に多くの関数の知識があり、マクロ機能まで使いこなせれば上級と言うような形で、概ねパソコン教室などで分けられているものですが、もし、中級や上級のエクセルレベルを要求するのであれば、求人の募集条件等には、関数が分かる方とか、マクロ機能が使える方と具体的に表示されるものです。しかし、このようにエクセルのレベルには、幅広いものがあり、就職でエクセルが条件の場合は、どれくらいまでの知識が必要かは事前に確認する事が重要です。

機能を使いこなして更なる能率化

エクセルは、上級まで使いこなせる人は、そういるものではありませんし、更に中級レベルで活用されている人も多くはないものです。それこそ、初級程度の機能を使えるだけでも作業の効率化は望めるものです。中級レベルの関数を使いこなせれば、家計簿など、1日の使った内容と金額と費目を入力するだけで、日計、週計、月計、年計を費目別に集計を自動的に一度にしてくれるなどが簡単に設定できるんですよね。恐らく、企業の中でも一人でもレベルの高い人がいれば、最も能率化された機能が使いこなされているはずです。中級レベルの機能を使いこなせれば本当のエクセルの凄さが実感できるものですよ。

CADのスクールでは建築物や機械部品の設計の基礎からソフトの操作まで幅広い知識を学んで資格の取得を目指せます。

使いこなして分かる!エクセルの優れた機能