株式投資に慣れてきたら挑戦!信用取引とは何かを知っておこう

信用取引ではお金や株を貸してもらう

株式投資に慣れてきたら信用取引に挑戦してもいいかもしれません。しかし、制度の内容をよく理解しておく必要はあるでしょう。信用取引の信用は、要するにお金や株式を金融商品取引業者から貸してもらうことを指しています。つまり、お金を借りて株を買い、売却して返済し、差額としての利益を得たり、逆に株式を最初に借りて売却をし、その後安くなったら買戻して株を返して差益を手にするという取引なのです。反対売買をして差額を得ると理解するといいでしょう。

お金や株を借りるには証拠金が必要になる

相手が金融商品取引業者といっても、ただでお金や株を貸してくれるわけではありません。当然、利息相当を支払うことになりますし、担保も差し出す必要があります。この担保に当たるものは証拠金と呼ばれています。信用取引のメリットは、この証拠金の何倍かの資金や株式を借りることができる点にありますので、少ない自己資金で大きな投資をすることができるというわけです。証拠金は自分が持っている株式でもいいことになっています。

価格が下がったら追加資金投入が求められる

一旦証拠金を納めて資金や株を借りて取引を行い、売却や購入時期を見ている間に、購入した株式の値段が下がったりすることがあります。つまり、反対売買をしても損が出る状態になることがあるのです。そう言った場合は、預けてある証拠金では足りないので追加で払ってくれと金融商品取引業者から言われますが、これを追証といいます。この追証が払えないと取引を続けることができず、泣く泣く損の確定取引を行うことになってしまうという点は注意しておいた方がいいでしょう。

信用取引は担保の価値以上の金額で株などを取引する行為です。利益が大きくなる一方で損失した場合の金額も膨大な物になるため、初心者は少額の取引から始めるのが無難な選択です。

株式投資に慣れてきたら挑戦!信用取引とは何かを知っておこう