短期間で稼げる!大学入試監督のアルバイト

受験生にとって大事な入試試験

大学入試は、毎年1月から3月に掛けて行われ、多くの受験生がその日に向けて勉強しています。試験の運営は大学側が行うのですが、沢山の受験生が受けに来るので、試験監督はアルバイトの人を雇って人員を確保しています。試験期間だけの短期アルバイトなので、春休み期間で時間のある大学生には始めやすいお仕事ですよね。教室の監督には大学の教授や助手が選ばれ、アルバイトの人たちは試験問題の配布や回収、試験中の監視を行います。

入試監督のアルバイトに必要な服装

入試監督に選ばれる人は、大学を代表する人とも捉えられるので、監督時にはスーツを着用するのは基本です。髪の毛のカラーリングは茶色なら許容されますが、明るすぎる色は好まれません。華美なアクセサリーは外しておきましょう。女性の場合は、履く靴に気を付けた方がいいですよ。というのも、ハイヒールだと教室内を試験中に巡回するときに、靴のカツカツする音が受験生の集中を阻害してしまう恐れがあるからで、靴底が平らなものが安心です。

試験監督のアルバイトの拘束時間

試験監督のアルバイトは、試験当日だけでなく、会場設営などの設営からも入ります。机を配置したり、机の上に受験番号を張る作業を行います。受験生の将来を大きく左右する試験なので、事前に説明会が行われて試験当日の注意事項が伝えられることもあります。試験の日は一日朝から試験終了まで拘束されるのが殆どになるでしょう。お昼をまたぐ日程の場合はお弁当が支給されることもあり、日給いくらという計算で給料が支払われます。

結果を出すことでとても評価をしてもらえるので家庭教師のバイトはとてもやりがいのあるバイトです。しっかりと教えて学力の向上をさせないといけなので大変ですがやりがいがあるバイトです。家庭教師はお金を稼ぎやすいバイトとしても知られています。上手な教え方を見つけられればどんどん稼いでいくことが可能なのです。

短期間で稼げる!大学入試監督のアルバイト